スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腕時計電池交換。。

私が海外に出るときに必需品な腕時計。
今でこそ航空機内ではオンデマンドモニターがあったり、航空機内でインターネットが使えたりと
時計はいくらでも見れるんですが、携帯の電源を切って確認できない上に、少し今でだと短距離、
中距離路線の国際線では一番前のスクリーンしかなかったので、「今何時で、あとどれくらいで
着陸するのか・・」というのは、飛行機内で映画を見ない私にとってはとても重要なわけで。。。
とかく、当時ASEAN地域とオセアニア地域が主だったため、地図すら本当かどうか怪しいよくわ
からない場所で方角は必須。海外に出るときは、ウエストポーチに腕時計をくくりつけるスタイルが
定番でした。

ソーラーに電波時計、方位、気圧、高度、ELバックライトに防水。これが条件で、
当時から多機能タイプを使用はしていましたが、時計に詳しい友人から「サファイアガラス仕様の
方にしておけ。」と同じプロトレックでも、見た目同じなのにえらく高いプロトレックをすすめられて、
7年くらい前に訳も分からず購入。

protrek

とうとう2次電池がだめになったようで、少し前から「LOW」の文字が・・
普通ならこの時点で僕は次の時計を買い換えるのですが、この数年間で共に、何十万キロと
一緒に旅に出張に出てすでに旅の仲間。 同時に今までに幾度となく過酷な状況であったのに
もかかわらず、表示のカバーガラスに傷がまったくなく、あの時友人にすすめられたサファイア
ガラスの威力を感じていたから。

年末も差し迫ってカシオのサービスセンターで持ち込み。電池のみならばすぐに交換できるが、
センサー防水検査をするならば工場送りだという事。今までの労をねぎらい、工場でメンテをし
てもらうことにした。

3000円の技術料に送料800円それに消費税。4000円少しだった。
スポンサーサイト

アルミ油圧ジャッキを導入。

エアコンプレッサー、電動トルクレンチ、4tリジットラックまで揃えておきながら、
油圧ジャッキがないと言う状況だったのですが、ようやく購入。

20151217_233521.jpg


将来的に許容荷重に余裕があればと思い2t以上、最高位は400mm以上。本音は3tがほしかったのですが、
オールアルミの最大が2tまでの模様。3tもあったのですが、やはり2t越えるとせめて、
アルミとスチールのハイブリッドが安心。しかし、突如25kgを越えるため、断念。
バランスと辛うじて20kgを切る2tアルミを選択。

届いて開封すると、お、重い・・
ただ、油圧がデュアルポンプは外せなかったのでいいとします。
アルカンのおそらくコピー?製品だったりして、まさに中華製特有の鼻をつく匂いが
開封時はありましたが・・

ちなみに、海外製2t表記はkg換算にすると約0.9掛けの数値としなければならないので
およそ1800kgまでですかね。

今度の休みに冬タイヤ交換でシェイクダウンです。

プロフィール

je2pnt30

Author:je2pnt30
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。